旧暦の年の始まり「立春」と旧正月の西暦日付は一致せず、旧正月の新暦日付は毎年変わります

f:id:yaseta:20210207095645j:plain

立春二十四節気)と旧正月

新暦太陽暦)の2021年2月3日は旧暦の二十四節気の第一節気「立春」で旧暦の正月節に当たり、新しい季節の始まりでもあります。

 

2年前の2019年の立春2月4日はたまたま中国の春節休み開始日と同じ日だったこと、そして、旧暦の二十四節気の第一節気であることから、これまで「立春」は旧暦の正月(1月1日)にあたるとばかり思っておりました。 

昨年、2020年1月24日から始まった春節休みで中国から観光客が大勢来日しました。

 

(同時に、中国武漢からの新型コロナウイルスが来日客によって国内に入り、感染が拡大しました。2020年1月31日頃のコロナ感染者:中国約9000人、日本14人程度)

yaseta.hateblo.jp

(それから1年過ぎましたが新型コロナウイルスの感染は止まらず、2021年1月8日は国内の1日感染者7,900人(累積感染者数:27万5千人)と最悪を更新しました。その後、減少傾向にありますが、2月1日~2月5日は2000人~3000人(累積感染者数:40万人)で推移していいます。気を緩めると感染拡大につながるレベルであると専門家は警告しています。後1~2ヵ月は我慢の生活が続きそうです。)

 

本題に戻ります。

立春」の新暦日付は2020年2月4日、2021年2月3日とほとんど変わらない(変わっても1日)のに、「旧正月」の新暦日付は2020年1月25日、2021年2月12日と大きく異なり(10日~20日)、疑問に思い、調べたところようやく納得しました。

f:id:yaseta:20210205160051j:plain

新暦・旧暦対比表

2018年:

 立春 新暦2月4日(旧12月19日)、 春節 新暦2月16日(旧1月1日)

2019年:

 立春 新暦2月4日(旧12月30日)、 春節 新暦2月 5日(旧1月1日)

2020年:

 立春 新暦2月4日 (旧1月11日)、 春節 新暦1月25日(旧1月1日)

 新暦2020年は旧暦の閏年新暦5月23日の新月の日に閏月(閏4月1日~29 日)を追加し13ヵ月とする。

yaseta.hateblo.jp

2021年:

 立春 新暦2月3日(旧12月22日)、 春節 新暦2月12日(旧1月1日)

2022年:

 立春 新暦2月4日  (旧1月4日)、 春節 新暦2月 1日(旧1月1日)

2023年:

 立春 新暦2月4日 (旧1月14日)、 春節 新暦1月22日(旧1月1日)

 新暦2023年は旧暦の閏年新暦3月22日の新月の日に閏月(閏2月1日~29日)を追加し13ヵ月とする。

2024年:

 立春 新暦2月4日(旧12月25日)、 春節 新暦2月10日(旧1月1日)

 

二十四節気は太陽年の1年を24等分して指標化して旧暦に採用しているため、毎年、日付はかわりません(変わっても1日程度)。しかし、旧正月は月の満ち欠け(新月から次の新月まで)を1ヵ月とした1年12月で太陽年1年より日数が短いため、立春と旧暦1月1日は一致しなく、太陽暦立春の日付から旧暦の日付1月1日は、ずれてきて、毎年、変わることになります。

 

旧暦は月の運行(新月-満月-新月)、新月をその月の1日として次の新月の前日までを日数(朔望月29.53日)を29日または30日を1ヵ月とし、1ヵ月✕12(=354日)を基に作られた1年12ヵ月のカレンダー(太陰暦)です。

しかし、太陽の1年より約11日不足しますので年が経つほど日にちがずれ、季節がずれてきます。

f:id:yaseta:20210205161656j:plain

二十四節気と中気

そこで古代中国では太陽が周回軌道(黄道)を1周する1年を24分割し、二十四節気という指標が作られ、季節のずれを補正しました。

立春黄道経度315度)、春分(0度)、 立夏(45度)、夏至(90度)、立秋(135度)、秋分(180度)、立冬(225度)、冬至(270度)と現在では節気は正確に瞬間の日時まで観測されています。)

 

二十四節気太陽暦に基づいた指標を太陰暦に採り入れたため、太陰太陽暦と呼ばれるようになり、旧暦はカレンダーの日付でなく二十四節気や七十二候を参照して農漁業の作業や朝廷の行事を行っていました。

 

太陰暦を使う旧暦は1年で約11日ずれます。3年で1ヵ月約33日ずれますので、3年に一回、1ヵ月(うるう月・閏月)を追加して、1年を13ヶ月とすることにより、新暦太陽暦)の月日に近づけるように調整します。

 

旧暦年に閏月を入れる方法:中気が月の初めや終りにくるとき季節とのずれが大きくなるため、その月の中気にうるう月を入れます。

 

しかし、閏月を入れて旧暦を13ヶ月として太陽暦の月日に対し、29日先方ずらして季節調整したとしてもやはり差は残り、また、日数を重ねるごとに新しいずれが生じ、太陽暦の月日に対して並べている旧暦の月日はやっぱり、毎年変わることになります。